妖怪ウォッチ2の博物館の夜の入り方について

夜の学校、夜の公園、夜の博物館
いつも昼間行っているところほど、時間が変わると雰囲気が一気に変わります。特に夜なんかは尚更です。
皆さん、夜は好きですか?そんな時間を楽しむのも妖怪ウォッチ2の醍醐味ですね。

夜といえば妖怪たちのゴールデンタイムです。
そのむかし、夜は妖怪たちが墓場で運動会を楽しむなんて歌詞の歌がありました。(お化けだったか?)
9-5
さて、妖怪ウォッチ2のクエストを進めていく中で、夜の博物館に行かなくてはならない事態が発生します。

なんでワザワザ夜に博物館に行かないといけないのか・・・

言いたいことはいろいろあると思いますが、夜の博物館への入り方(侵入方法)をお教えしましょう。
なんだかんだで、妖怪ウォッチ2の世界では許されちゃうんですよね。

博物館は施錠中

夜になりました。博物館へ行くと入口にがかかっています。
まぁ、貴重な品々が収められている博物館ですから当然です。

じゃあ、どうやって入ればいいものか?

ピッキング?
窓破り?
地下道?

妖怪ウォッチ2の世界だからといって、これをやったらどれも犯罪です。

だから、下準備が必要なんです。

大切なのは下準備

Ungaikyou
昼間のうちに博物館へ行きます。当然、鍵は開いてます。
その博物館一階に「資料保管庫」があります。入ってみましょう。
そこにあるのは、博物館に収められている貴重な品々と・・・うんがい鏡

うんがい鏡といえば、開放した(起こした)エリア間を一瞬で行ったり来たりできるワープ機能を持つ便利な妖怪です。
こんな顔をしていますが、ゆいしょ正しい古い鏡に霊魂が宿った妖怪です。

この時はまだ寝ておられる「うんがい鏡」に話しかけると起きてくれます。
これで、博物館にワープすることができます。

いざ侵入

さぁ、夜になりました!好きなところからうんがい鏡を経由して、夜の博物館(資料保管庫)に入ることができます。

思う存分、夜の博物館を探検してください。
9-15
ここまで、夜の博物館への入り方をご紹介しました。

なお、これは妖怪ウォッチ2だから許されるので、みなさんは夜の博物館に侵入しちゃダメですよ?


【スポンサードリンク】

あわせて読みたい攻略情報

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ