妖怪ウォッチ2のナギサキの何かの気配ってどういう意味!?

map_11-01
誰も居ないのに、背中の方から誰かに見られているような気がしたり、お風呂あがりに鏡を見るのが怖かったり・・・
一般的に気配と言われるそんな現象をきっと一度は経験したことがあると思います。

妖怪ウォッチ2の妖怪たちならかわいいので(一部例外もいますが・・・)いいですけどね。
そんな気配を自分一人で感じるのはイヤですが、一緒にいる人や、話しかけた人から「何かの気配がする」とか言われるのも嫌ですよね。
そんな経験をナギサキですることができます。

うんがいきょうの隣

102-2

離れた所にワープでするのに便利なうんがい鏡が、ここナギサキにもあります。

ここにワープしてきたらその左側にある(賽銭箱?)に話しかけてみてください。

箱に話しかける時点で既に普通ではないのですが、その箱が「何か気配がする」とか言いだします。
実際、すぐ隣にうんがい鏡もあるわけですし、妖怪がそこら中にいる妖怪ウォッチ2の世界なので、不思議じゃないといえばそうなんですが、ちょっと怖いですね。

何かの正体

20140713225507604s
「何かの気配がする」その正体は妖怪ウォッチ2プレーヤーのみなさんとしては解明しないと夜も眠れないと思います。

ウワサですが、その正体は、近くにあるなぞの立て札なのではないかということです。
なぞなぞに答えて、スンドメ駅に行けるようになって・・・というストーリーを進めると、ナギサキ神社にいる海の神(?)ウミボウズに会うことができます。

もう一つの気配

15-1
さっきは「何かの気配」でしたが。海辺の洞穴でも「怪しい気配がする」と言われます。
この時にもなぞの立て札が近くにあって、問題に正解すると良いことが起きます。

今度、近くで何かの気配を感じたら、きっとなぞの立て札がありますよ。


【スポンサードリンク】

あわせて読みたい攻略情報

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ