妖怪ウォッチ/真打の引き継ぎを失敗しないために

妖怪ウォッチ2真打、元祖・本家からのデータ引き継ぎが可能だけど…?

データ引継ぎ (1)

元祖・本家に様々な要素を追加した、ファン待望の妖怪ウォッチ2真打が発売され、妖怪ウォッチ界隈は大いに賑わっています。

真打は元祖・本家のパワーアップバージョンのようなもので、ストーリーの大筋が同じだということもあり、元祖・本家プレイ済みの人はそのセーブデータをそっくりそのまま真打に引き継ぎすることが可能で、元祖・本家をプレイ途中の人、既にクリアしてしまった人、まだプレイしていない人、それぞれ楽しむことが可能です。

しかし、引き継ぎをする際、失敗をしてしまうと二度と引き継ぎができないので注意が必要です。
一度引き継ぎをした後、間違って真打のデータを消してしまったからもう一度引き継ぎする、ということはできません。

なかなかキビシイですね。

なので、一番最初にデータ引き継ぎをする時点で失敗してしまい、二度と引き継ぎができなくなる人が多く、多くの悲しみの声が上がっています。

妖怪ウォッチ2真打…引き継ぎ失敗で阿鼻叫喚!失敗を防ぐためには

youkai03

真打の新要素をいち早く楽しみたい人にとって、引き継ぎ失敗は最も避けたいものでしょう。
どうして引き継ぎを失敗してしまうのでしょうか?

引き継ぎを失敗してしまう原因の多くは、引き継ぎをした後『はじめから』を選んでしまい、せっかく引き継いだセーブデータを上書きして消してしまうというものです。

データ引継ぎ (2)

確かに、買ってはじめてプレイするゲームだと、ついはじめからを選んでしまいますよね。または、続きから始める前に最初の部分を久しぶりに見てみようかな、ということもあるのかもしれません。
しかし引き継いだ後にそれをしてしまうと、引き継ぎ失敗してしまうのです。

これを防ぐためには『引き継ぎしたらつづきから!』と頭の中で呪文のように唱えながら引き継ぎを完了させるしかありません。

これから妖怪ウォッチ2真打にセーブデータを引き継いでから始めるという人は、十分に注意しましょう。


【スポンサードリンク】

あわせて読みたい攻略情報

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ